デトランスα アトピー性皮膚炎

デトランスαのアトピー性皮膚炎の人の使用

デトランスαの有効成分の
塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)は、
汗の水分で水酸化アルミ二ウムに変化して、
汗腺をふさいでしまうことによって、
汗腺から分泌される臭いの元となる、
アンモニア、タンパク質、脂肪をシャットダウンすることによって
防臭効果を発揮します。

 

 

塩化アルミニウムが、水酸化アルミニウムに変化する際に
微量ですが塩酸が発生してしまいます。

 

微量の塩酸なので、デトランスαに含まれている
乳酸アルミニウムで大体中和されるのですが、
アトピー性皮膚炎の方は、反応してしまう可能性が高いです。

 

アトピー性皮膚炎の方には、デトランスαはオススメできません。