デトランスα副作用と危険性

デトランスαの副作用と危険性

デトランスαの有効成分は、

 

塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)です。
この塩化アルミニウムが、

 

デトランスα脇用には、10.27%
デトランスα手足用には、25%

 

の濃度で配合されています。

 

皮膚科や美容クリニックで多汗症の人に処方される
塩化アルミニウムの濃度は20%なので、

 

デトランスαの塩化アルミニウムの濃度は、
脇用、手足用で効果と安全性を考慮した濃度になっています。

 

しかし、かゆみ、かぶれ、湿疹などの副作用を起こしてしまう人がいます。

 

 

デトランスαの副作用の原因

デトランスαの有効成分の
塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)は、
汗の水分と反応することによって、汗腺にフタをすることによって
脇汗、脇の汗腺からの分泌物(脂肪、タンパク質)
を少なくすることによって効果を発揮します。

 

 

この塩化アルミニウムと汗の水分が反応する時に、
少量の塩酸が発生します。
この塩酸に反応して、痒み、かぶれ、湿疹が出来てしまう人がいます。

 

 

このことは、デトランスαも分かっているので、
塩酸対策として、乳酸アルミニウムを配合しています。

 

しかし、それでも副作用が起きてしまう人はいます。

副作用が起きやすい人、副作用が起きやすいタイミング

副作用が起きやすい人

 

アトピー性皮膚炎をお持ちの方です。
アトピー性皮膚炎の方は、塩酸に敏感に反応してしまう可能性が
非常に高いのでデトランスαは使わない方が良いでしょう。

 

他にも、敏感肌の方はやはり副作用が起きやすいです。

 

副作用が起きやすいタイミング

デトランスαの使い方にも書いてあるのですが、
脇の除毛後48時間は、使用を控えて下さいとあります。
これは、脇毛を剃る時に目に見えない小さなキズが、脇に出来てしまうためです。
塩酸やデトランスαに使われているアルコールが、傷口から侵入し、痒みやかぶれを
引き起こしやすくなります。

 

デトランスαは授乳中・妊娠中でも安全に使える?

デトランスαの有効成分の塩化アルミニウムは、皮膚科でも多汗症の
治療に対する処方として使用されています。

 

皮膚科では、妊婦さんや授乳中の方にも処方されています。
どうしてかと言いますと、塩化アルミニウムは経皮吸収されない成分だからです。

 

デトランスαには、他にも胎児やお子様に危険を与える成分は入っていないので安心して使用できます。

副作用や危険性を少なくするには?

デトランスαの有効成分塩化アルミニウムは、
比較的刺激が強いので副作用は起きやすいと言われています。

 

私が、実際にデトランスαを使ってみて有効だった
皮膚の痒み、かぶれ等の副作用を防ぐ上で有効だった方法を
紹介したいと思います。

 

①デトランスαを手につけてから塗る 


デトランスαはロールオンの形状になっているので、そのまま脇に塗ることが出来ます。ですが、ダイレクトに塗るとデトランスαを塗りすぎてしまうんですね。

 

  使用法にコットンにつけてから、みたいなことが書いてありましたが、もったいないので
  私は、手につけてから量を調節して塗っています。

 

②朝洗い流す


これも使い方に書いてあるんですが、私はデトランスα自体に消臭効果があると思っていたので、
  塗りっぱなしで生活していました。
  確かにデトランスαにも消臭効果はあるんですが、痒くなるんです。

 

  そこで、寝る前にデトランスαを塗って、朝洗い流し、
  日中は他の低刺激のワキガクリーム
  の合わせ技で、完璧にワキガをおさえています。

 

 

デトランスα,副作用,危険性